Mac Proでコアの多さを実感する為に。

 「MacBook Pro 17インチは使ってみなければその素晴らしさはわからない」みたいな発言を私だけに訪れた空前のブームの頃に聞いた事があるのですけど、Mac Proにもそういうところがあって、この余裕っぷりは使ってみないとわからないかも。とにかく何をやっても遅くならない、平行してゴニョゴニョしてもCPU理由で遅くなる事は皆無です。もちろんディスクとかドライブ性能に足を引っ張られる事は多々ありますけど。
 でもまぁ、瞬間的な速さというのはあまり変わらなかったりするんですよね。マルチコアを活かさないアプリケーションだと特に、この辺よく知られている様にクロック通り。

 とかいう風な事を、トーフサロンの人と話していたら、ちゃっちゃっと違いを比較できるようなプログラムが送りつけられてきたので実行してみた。どうして君はこんな事がさっとできるんだ、惚れてまうやろー(違う。
 どういうプログラムかは結果を見ればわかるし、コア数(スレッド数)による処理時間の違いが問題なので割愛。
ーー追記ーー
 プログラムは林檎生活100: OpenMP 入門 #3さんからのコピペという報告を賜りました! スレッド2つだとMacBookともあまり変わらないw<リンク先参照

# THREADS 2
risa:openmp tac$ time ./openmp
pi = 3.1415926535897934

real 0m2.167s
user 0m4.298s
sys 0m0.003s

# THREADS 8
risa:openmp tac$ time ./openmp
pi = 3.1415926535897932

real 0m0.574s
user 0m4.476s
sys 0m0.006s

# THREADS 16
risa:openmp tac$ time ./openmp
pi = 3.1415926535897932

real 0m0.339s
user 0m5.173s
sys 0m0.008s

 みんなMac Pro買えばいいと思うよ(しつこい。