NetBeansでScalaでLift。

 Welcome to NetBeans
 The Scala Programming Language
 Lift – The Simply Functional Web Framework – Home

 何となくNetBeansでLiftのプロジェクトを作ってみましたよ。

 ScalaJa - NetBeans Wiki

 上記ページを参考にNetBeansをインストールして、Scalaプラグインを有効にします。ちょうどNetBeans 6.8がリリースされたのでそちらを再インストールして、ナイトリービルド版を適用しました。
 NetBeansの方はこれだけでOK。

 プロジェクト作ります。“ファイル”→“新規プロジェクト”でダイアログを表示してMavenプロジェクトを選択します。Maven原型リストの“リモート Maven リポジトリからの原型”の中にLift関連の原型がいくつかあると思うので、“lift-archetype-basic”を選択します。
 プロジェクト名、グループID(パッケージ名に使われる)、保存先などを指定して“完了”。

 一通り土台的なファイル群が指定の場所に生成されるので、とりあえず動かしてみましょう。プロジェクトウィンドウでプロジェクトを選択して右クリック→“カスタム…”→“ゴール…”を選択。表示される“Maven の実行”ダイアログ内の“ゴール”へ“jetty:run”と入力して“了解”をクリック。
 出力パネルにログがずらずらと表示されjettyサーバが起動されたら、http://localhost:8080/へアクセス。おーおーおー。

 引き続き、公式のStarting with Liftをさらっとやってみるのもいいかもしれませんね。