トワイライト・ツアーに参加してみた。

 九州熊工場 工場見学へ行こう サントリー
 トワイライト・ツアー ビール工場見学のご案内 九州熊本工場 工場見学へ行こう サントリー

 サントリー九州熊本工場で開催されているトワイライト・ツアーに参加してきましたよ。ザ・プレミアム・モルツ大好き!


 光り輝くサントリーさまのロゴ! 上がる、テンション上がる。


 工場もえる。


 タンクもえる。
 ちなみに、1タンクに付き缶ビール51万本相当の量のビールが入っているそうな。毎日一本ずつ呑んでも1400年以上かかるそうだよ。長生きしなきゃねー。


 受付もえる。


 ポスターもえる。


 エスカレーターもえる。とかもういい加減適当すぎしつこいですね。


 そんなわけで、トワイライトツアー開始です。まずはビデオやスライドで、ザ・プレミアム・モルツの誕生秘話や、その製造のこだわりなどを学びますよ。


 原料となる麦芽。もちろん食べられるって事で試食したところ、ものすごく香ばしく少し甘みがあり、これ自体ビールのつまみにいいんじゃないって思うほど美味しかったよ。


 苦みと香りの元になるというホップの加工済チップ。確かに凝縮されまくったような強烈な香りが!

 その後、実際に工場を施設を窓越しに見学しながら製造工程を学びますけども、工場の部分は撮影禁止だったので写真はないです。ピカピカで美しい施設だったよ。ボクも磨きたい、凄く。

 そしてついに。お待ちかねの。辛抱たまらない。死因、じゃなくて試飲シインしいん!


 トワイライト・ツアーでは超豪華特別コースメニューが用意されているので、同敷地内にあるレストランへ移動しますよ(レストラン ビールの森 九州熊本工場 工場見学へ行こう サントリー)。既にクリスマスーなライトアップがされていて奇麗だった。
 が、もう頭とか口とかノドとかがザ・プレミアム・モルツになっているので軽く感動して先を急ぐのであった。


 ザ・プレミアム・モルツ入りましたー。美しい、美しいよ。艶のある色、きめの細かい泡、そしてビールと泡との黄金な割合比!(受け売りです)
 居酒屋さんでザ・プレミアム・モルツを出すところもあるけれども、何故だかそういうところで呑むのよりも一段違う味わいに超感動、猛烈にボクは感動した! まぁ、ボクの場合は雰囲気とかのプラシーボ効果が絶大だったのだろうと思うけれど、周りの人らも同じような事を言っていたので間違いないと思うわよ。

 ちなみみに、ビールは三杯まで料金に含まれます。二杯目はザ・プレミアム・モルツ〈黒〉も選択可能で、もちろんほとんどの人がそうしてましたよ。もちろん四杯目以降もお金を払って楽しめます。至れり尽くせり、もちろん四杯目までいったよ、いったさ。みんないってたよ。


 テーブルに付くと配膳してあったのは、「五種の前菜」と「名水仕立て よせ豆腐」。一杯目のビールはこれでじっくりと香りや味を噛み締めつつ……、でもすぐ無くなっちゃったというよくありがちな。


 「秋のおつまみ三種盛」、熊本らしく海のものと山のものと。煮物の上にのっているお肉はもちろん馬肉でした。
 既に二杯目の黒で、しかも少し呑んでる。ペース早過ぎだろ。


 ありがちな春巻きと思いきや、これがとろっとした味わいで凄く美味しかった。一人半切れだなんてっ!とか意地汚く思ったよ。


 さつまいもだけと見せかけて、桜海老と一緒に調理されているかき揚げ。材料は熊本産のものを主に用いているそうだよ。


 複数のチーズが使われているピザ。単なるピザのはずなのに何だかとっても美味しかった。トマトも利いてたし、チーズも混ぜると美味しくなるのかなぁ。そして出てくる料理がいちいちビールに合う。進んじゃうじゃない。
 この辺りになると、恒例の写真撮る前にもう食べちゃった状態。食い意地張り過ぎてるわ。


 そしてデザートは豆腐を使ったキャラメルプリン。若干しっとりとしている感じで甘さもおさえてあって美味しかったよ。

 その他にもいくつも料理が出て全11品。品数も多いし、バリエーションに富んでいるし超満足の納得の内容でございましたよ! 一人一回限りしか参加できないというお得な特別コース、お土産にグラスも頂けるし、是非参加してみるといいと思うよ。
 ボクはもう今後ビールはザ・プレミアム・モルツしか呑みません! 多分。


 最後はやっぱりいつものこの人だな。いい笑顔。おめでとー!